【#ootd】コーディネートに一本の線を。縦のラインを使ったスタイルを良く見せる方法。

IMG_1493

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

服装をオシャレに見せる上で重要な点はスタイルを良く見せること。

一見オシャレとは関係の無さそうなことですが、スタイルアップさせることで生まれる大人っぽさや清潔感が大事なんです。

そういったスタイルを良く見せる方法は様々ですが、一番手っ取り早いのは「縦のラインを強調させる」こと。

当ブログでもいくつかご紹介しているテクニックですが、本日はそんな小技を一つだけご紹介させて頂きます。

 

コーディネートに一本の縦線を引いて

IMG_1495
Outer…VALLIS by FACTOTUM
hoodie…Champion

Pants…UNIQLO
Shoes…adidas

ブラックカラーに統一したインナーウェアに、ファクトタムのコートを合わせたコーディネート。

一見なんの変哲もないコーディネートですが、要所にちょっとした工夫を加えています。

IMG_1490

まずシルエットはYラインシルエットを。
関連記事…一度は聞いたことがある?服装をオシャレに見せるシルエットの話。

ロングコートにパーカーを合わせることで、上半身にたっぷりとボリュームを持たせてあげます。

IMG_1493

フードのついたパーカーは、簡単に首回りのボリュームをプラスできるアイテム。

今回は肉厚な生地感が特徴のチャンピオンパーカー“REVERSE WEAVE(リバースウィーブ)”を着用。
関連記事…Champion/REVERSE WEAVEの魅力について語る

IMG_1494

僕はチャンピオンのパーカーを好んでよく着用するのですが、オススメしたいのはこのフードの立ち上がり。

生地感がしっかりしているのでフードがペタっと寝ることもなく、立体感のあるシルエットを作ってくれます。

IMG_1511

過去に着用したモンキータイムのパーカーと比べるとその差は明確。

画像左のようにフードが立ち上がらずに寝てしまうと、なんとなくだらしない印象に見えてしまいませんか?

フードにボリュームがあると顔との対比でちょっとした小顔効果も期待できます。

パーカーひとつ取っても、フードの立ち上がりが違うだけでその印象も変わってくるわけです。

IMG_1492

そしてコート以外のアイテムは黒で統一

インナー、パンツ、シューズをオールブラックでコーディネートしています。

こんな感じでインナーとパンツの色を揃えることで、自分のウエストラインをごまかすことができます。
関連記事…レディースファッションから学ぶ!脚を長く見せる着こなしテクニック。

IMG_1492

ここで今回のコーディネートのポイント。

同系色で統一したインナーに、違う色のロングコートを羽織るだけでスタイルがよく見えるんです。

IMG_14921

グレーのコートを羽織ることでインナーの黒が一本の線に。インナーとアウターのカラーの違いが縦のラインを強調させるわけです。

冬のコーディネートで縦のラインを強調させたい時は、この「同系色のインナー・パンツ×ロングコート」といった組み合わせがおすすめ。

しかし、原色等鮮やかな色で統一してしまうと子供っぽい印象に見えてしまうので注意。

黒やネイビーなどダークトーンカラーで落ち着いた印象にまとめてみてください。

IMG_1497

最後に足元はお決まりの白ソックスを。

オールブラックでまとめたコーディネートは威圧的な印象に見えてしまうので、清潔感のある白ソックスでそれを緩和させていきます。

シルエットを整えたりマフラーを垂らしてみたり…、こんな感じで縦のラインはインナーのカラーをアウターで挟み込むことでも作れます。

コーディネートを格上げさせるテクニックの一つとして取り入れてみて下さい。

WEARにてコーディネート更新中

weartop

僕はファッションコーディネートアプリ、WEAR(@decojp0)に普段の服装をアップしています。

週に1回ペースでしか更新していませんが、こちらで皆さんとの交流もしていけたらと思っています。

よかったらコーディネートの参考にしてみて下さい。