管理人について

初めまして。当ブログWEARNOTE」を運営しているSORIN(Yoshitaka Inoue)です。

世間一般で言われるフリーランスや個人事業主ではなく、IT系の広告代理店で会社員として働きながらこのブログを運営しています。

このブログを立ち上げたのは、前職の繊維商社に勤めていた時のこと。仕事柄ファッション業界のトレンドに敏感である必要があり、日頃からSNSやYoutubeなどで情報収集をしていました。

そして日々情報をインプットしていた時にふと気づいたのが、僕と同年代の人がインターネットを通して情報を発信していること。

SNS等のコミュニケーションツール上では基本的に傍観者だったのですが、「自分がいま持っているファッションの知識も人の役に立つのではないか」と感化されたことをきっかけにこのブログを開設しました。

ファッションに関する情報をノートのように書き留め発信していく。そんな想いを持って命名した「WEARNOTE」というブログ名。

当ブログでは着こなしのテクニックや日々のコーディネート、購入アイテムの紹介など、ファッションに関する幅広い情報をお届けしています。

衣食住と表現されるようにライフスタイルに必要不可欠なファッション。しかし「ファッションなんて所詮見た目」なんて言葉を耳にすることもあります。

ただ、ここで声を大にして言いたいことは、ファッションはただのまやかしではない不思議な力があるということ。

大事な商談に臨む日はスーツをパリッと着こなし、大事な人とのデートはジャケットを羽織る。ジムでトレーニングする時は高機能なトレーニングウェアを着る。

外見を整えることでいつもの自分とは違う、強くなった自分になれる気がする。僕はそうやってファッションの力を借りて、自分のモチベーションを管理してきました。

そしてファッションは自分のマインドだけではなく、第三者からの見え方もコントロールできます。

残念ながら人の第一印象はその人の表情なども含めて見た目である程度決まってしまう。外見を整えておくだけで、ファーストインプレッションで損をすることを限りなく減らせる。

もちろん外見よりも内面が大事なのは重々承知ですが「外見は内面の一番外側」という言葉があるように、内面が磨かれている人はそれなりに外見にも気を配っていることも事実です。

長々と語ってしまいましたが、ファッションは自らの暮らしを豊かにしてくれる。自らの気持ちを上げてくれて、それに起因して自分の取り巻く環境も好転させる力がある。

あまり自己啓発的なことを発信するのは得意ではないので、こういったことを文章にするのはこの場だけになってしまうと思います。

ファッションが好きな人もそうでない人も。大それたことを言うかもしれませんが、当ブログの記事を読む中でちょっとした琴線に触れる言葉があれば幸いです。