Champion/REVERSE WEAVEの魅力について語る

3dc805d585e1ac9f2587a7398972f62d

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

久々の更新になってしまいました。

本日はとあるアイテムのご紹介。

ch_about_rw

photo:via hanesbrandsinc.jp/pages/ch_about_rw.aspx

“Champion”“REVERSE WEAVE(リバースウィーブ)”です。

スウェットの定番ブランドとして絶大な支持を獲得しているChampion。

別注やコラボアイテムでの露出も増えているので、代表モデルであるREVERSE WEAVEも一度は手にしたことがあるのでは。

5e0a2a35ff733f1863273629ace4295d

photo:via tkj.jp/spring/201503/

キングオブスウェットとして名高く人気のあるChampionですが、近年雑誌の表紙に取り上げられてからレディースファッションでは密かなブームになりました。

「Cマークが可愛い」

「シンプルで使いやすい」

なんて理由で着用していた人が多かったのではないでしょうか。

もちろんCマークは可愛いし、シンプルで着回しやすいアイテムです。

しかしChampionの本当の魅力はその生地に凝縮されたディテールにあります。

sponsored

Champion 不朽の名作“REVERSE WEAVE”

Championの代名詞とも言えるモデル、“REVERSE WEAVE”。

REVERSE WEAVEとは、Championのスウェットに採用された独自の製法のことを指します。

この製法はスウェットを洗濯すると発生してしまう縮みや型崩れを防ぐために発案されたもの。

古着屋のスウェットのほとんどが縦縮みしているように、スウェットは洗濯すると縦方向に縮んでしまいます。

img_main_01

photo:via hanesbrandsinc.jp/champion/g/gC3-W102-040-S/

そこでChampionのREVERSE WEAVEでは縦方向に縮むことを軽減するために、本来縦に使用されている生地を横方向に使用。

img_main_06

photo:via goldwinwebstore.jp/ec/contents/champion/reverseweave/

そして横方向に縮んでしまう場合に備えて、サイドパネル(脇)の部分にリブ生地を採用することで横縮みも防止。

このサイドのリブ生地が着用した時の動きやすさも実現しています。

さらに「フラットシーマ」と呼ばれる縫い目の凸凹をより平坦にする製法を取り入れることで、着用時のストレスを軽減。

そしてChampionは、このREVERSE WEAVE製法を特許として取得しています。

Championが長きにわたって不動の人気を誇る理由は、こういった他ブランドが真似できない耐久性・機能性の高さにあるわけです。

他モデルとの見分け方

この製法のおかげで、「ChampionのスウェットやTシャツは長持ちするし、着心地が抜群に良い」と言われています。

僕もREVERSE WEAVEに心奪われてからずっと現役で着用していますが、とにかく着心地が良い。

Championにも様々なモデルがありますが、不動の人気を誇るのはやはりこのREVERSE WEAVE。

他モデルとの見分け方ですが、非常に簡単。

c3-w102-040-2

photo:via hanesbrandsinc.jp/champion/g/gC3-W102-040-S/

まず両脇のサイドパネル部分に配されたリブ生地が一つの特徴です。

champion2

またタグを見ればREVERSE WEAVEと明記されています。

Championに詳しい人はこの現行タグを見て

「あー、そのタイプの買っちゃったか」

なんて思うかもしれませんが、ご容赦ください。

僕は残念ながらそこまで深い知識は持っていないのですが、「赤タグ」や「青タグ」などChampionタグにはたくさん種類があります。

詳しい人はこのタグを見るだけで、どの年代のアイテムかも分かってしまうみたいです。

champion

ちなみにこちらはベーシックタグ。

Championアイテムの中でも一番リーズナブルなモデルです。

もしChampionのスウェットやTシャツを購入するのであれば、こういったエントリーモデルではなくぜひともREVERSE WEAVEを手にとって頂きたい。

今なら別注Championが狙い目

最近は各ショップからChampionの別注アイテムが豊富に展開されています。

USメイドのものをガンガン着込むのも良いですが、オシャレに着こなしたいなら別注Championがおすすめです。

古着やUSメイドのものは、身幅やアームがゆったりした癖のあるシルエットなのでサイジングが難しいです。

それに対してショップ別注品は、今風に着こなせるようなシルエットにアレンジが加えられています。

10897956_B_01_500

photo:via zozo.jp/shop/beams/goods/9897956/?did=24162274

おすすめはBEAMSの別注品。

ChampionとBEAMSの別注品は毎シーズンリリースされており、適度にゆったりとしたシルエットにデザインされています。

他にもEDIFICEやFREAK’S STOREなど複数のショップからもリリースされているので、お気に入りの一着は見つかるはずです。

今回はスウェットを中心に紹介しましたが、REVERSE WEAVE Tシャツもおすすめなので気になった方はぜひチェックして見て下さい。

ChampionのREVERSE WEAVE。

一度着用するとそのクオリティの高さに驚くこと間違いなしです。

sponsored