【#ootd】コートスタイルをローキャップでカジュアルダウンさせたコーディネート

dsc014522

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

寒いです。先日ついにロングコートを引っ張り出してきました。

コートは手っ取り早く大人っぽい雰囲気をアピールできる優れもの。

しかしその反面キメすぎに見えたり、ビジネスライクな印象に見えてしまうことも。

そんなコートスタイルをコーディネートする上でのコツは「カジュアルダウン」

服装を着崩していくことで、キメすぎに見えがちな印象を和らげていきます。

sponsored

FACTOTUMのステンカラーコートでコーディネート

dsc01452
Coat…FACTOTUM
Knit…Uniqlo U

Pants…UNIQLO
Shoes…ORPHIC
Cap…TeamCozy

FACTOTUMのステンカラーコートを主役にコーディネート。

冒頭でも少し触れたとおりコートスタイルはキメすぎな印象に見えてしまいがち。

dsc01465

こちらはコートにニット、スラックスとフォーマルなアイテムを着用しています。

このままだとカッチリしすぎな印象に見えませんか?

これを小物など、要所で工夫して着崩していきます。

dsc014521

まずカジュアルダウンのポイントとしてキャップを取り入れます。

キャップはやんちゃっ気のあるカジュアルなアイテム。

また視線の集中する顔の近くに位置するので、取り入れるだけで服装を簡単に着崩すことができます。

このカジュアルダウンさせることで生まれる「抜け感」が服装をぐっとオシャレに見せてくれます。

dsc01469

そしてさりげなくボルドーカラーのソックスを差し色に。

こういったアクセントカラーを差すだけでも着崩すことができます。

ボルドーといった季節色を持ってきているのもちょっとしたポイントです。

このようにキャップや色物のソックスを取り入れることで、カッチリめのコーディネートをハズしてオシャレな印象に仕上げていきます。
関連記事:ファッションのハズしって何?オシャレな人が駆使するテクニック

dsc01467

最後にオシャレの肝とも言えるシルエットはYラインシルエットを選択。

ロングコートのような上半身にボリュームの出るアイテムは、Yラインシルエットを意識するとコーディネートしやすいでしょう。
関連記事:一度は聞いたことがある?服装をオシャレに見せる「シルエット」の話

dsc01456

ロングコートは大人っぽさを演出できる反面、カッチリと堅い印象に見えてしまいがち。

コートスタイルのコーディネートのコツはカジュアルダウン。

ボトムスをデニムにしたり、バックパックを背負ってみたりなど着崩す方法は様々です。

今年の冬は抜け感のある格好良いコートスタイルできめていきましょう。

sponsored