どれを着れば良い?カットソーのネックタイプとその印象について。

81ZhzABoAWL._SX352_

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

春夏シーズンに活躍するカットソーですが、好きなネックの種類はありますか?

カットソーと一口に言っても、ネックの種類が違えばその印象も変わります。

本日はそんなネックの種類と、それぞれが持つ印象について。

sponsored

クルーネック

1051611191004-490-01-02

photo:via vanquish.jp/item/1051611191004490.html

クルーネックは首元が丸くラウンドしている一番オーソドックスなネックの形です。

現在ショップで見かけるTシャツはほとんどがこのタイプではないでしょうか。

そしてクルーネックのように首元が詰まったものは、首を短くみせる効果を持っています。

首の長さが気になる人はクルーネックを選ぶと良いでしょう。

Uネック

4304042B_1_D_500

photo:via zozo.jp/shop/studiouslab/nogoods/?did=11987432

Uネックはその名の通り首元がアルファベットのUの字のように開いたものを指します。

クルーネックに比べて首部分の露出が増えるため、適度な首長効果が得られます。

またこのネックが深くなればなるほど、ラフなイメージになります。

あまり深すぎるものを選ぶと、だらしない印象に見えてしまうので気をつけましょう。

Vネック

vneck

photo:via zozo.jp/shop/nanouniverse/goods/3979965/?did=

Vネックもその名の通り首元がアルファベットのVの字のように開いたもの。

Uネックと同様に首長効果が得られますが、Vネックの方が大人っぽさや色気のある印象になります。

しかしネックの深さには注意が必要。

あまり深いものだと、色気を通り越して今度はチャラいイメージが先行していきます。

そういった意味でもVネックは浅めのものがおすすめ。

ネックレスなど首元のアクセサリーが映えるのもこのネックの特徴です。

ヘンリーネック

6696708_1_D_500

photo:via shop.beams.co.jp/shop/plus/goods.html?did=16748719

ヘンリーネックは首元にボタンがついたものを指します。

クルーネックやVネックに比べて少しカジュアルなイメージを持っています。

ボタンのデザインが単調なTシャツのアクセントになるのでおすすめ。

ボタンを開けて着てもよし、閉めて着てもよし。

体格の良い人は、ボタンを開けて無骨でワイルドなイメージで着ると良いでしょう。

タートルネック

to907-13947-01c

photo:via voi.0101.co.jp

首に密着して全体を覆うような形のタートルネック。

ここまで紹介したネックタイプと違って、着るシーズンは秋冬に限定されるもの。

首を覆って縦のラインが強調されるため、首長効果につながります。

基本的に大人っぽくてフォーマルな印象を持つタートルネックですが、

z-1507-9999151110646_01

photo:via selectsquare.com/nanouniverse/g2111227/

このように首元がゆったりとしたオフタートルは若干カジュアルな印象になります。

「タートルネックはちょっと堅いかな…。」なんて人は、こちらの首元が緩いタイプのものを選ぶと良いでしょう。

首元にボリュームが出るので、顔との対比効果で小顔に見えます。

ネックの種類ひとつで印象が変わる

81ZhzABoAWL._SX352_

photo:via blackwatch.seesaa.net/article/5727979.html

今回はざっくりと5つの種類に分けて紹介しましたが、細かく分ければネックの種類はこの他にもあります。

そしてそのネックラインひとつで印象は変わるものです。

細かいことかもしれませんが、この小さなディテールの積み重ねが全体の印象に繋がっていきます。

何気なく選んでいる洋服ですが、ネックの種類にも着目してみてはいかがでしょうか。

sponsored