サンダルが苦手な人へ。夏の足元はエスパドリーユをオシャレに履きこなそう。

c0246125_20370845

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

夏のオシャレなシューズアイテムとして脚光を浴びているサンダル

m_DSC_0437-f514a

photo:via b-o-y.me/archives/21720

昨年はサンダルに靴下を合わせたサンダルソックスなんてファッションも流行りました。

f-2

photo:via beamsshopblog.jp

革靴なんて蒸れるし履いていられない!

スニーカーでさえも履いていられない!

足元を涼しげに演出できるサンダルは、暑くて裸足で出かけたくなるような日に持ってこいのアイテムです。

しかしこのサンダルファッション、オシャレに見せるのって難しいですよね。

sponsored

サンダルファッションが難しい理由

はっきり言ってサンダルファッションはハードルの高いコーディネートです。

TevaやBIRKENSTOCKなどオシャレを意識したサンダルも販売されていますが、それでも格好良く履きこなすのは難しいものです。

block_20

photo:via pen-online.jp/blog/k-takahashi/1398350404/

サンダルファッションが難しい理由は、サンダルの持つラフなイメージにあります。

サンダルは基本的に足の素肌を露出させるアイテムですが、肌を露出させる面積が多くなればその雰囲気は子供っぽくなってしまいます。

この子供っぽさを解消するためにシンプルで大人っぽいデザインを選んだとしても、

uploaded

photo:via zozo.jp/shop/nanouniverse/nogoods/

「あれ、なんかおじさんっぽいな…。」なんてことになったり。

とにかくサンダルってオシャレに見せるのが難しいんです。

暑苦しい日はオシャレにサンダル履きたい

でも暑いからやっぱりサンダルを履きたい、オシャレにサンダルを履きたい。

そんな方にオススメしたいのが「エスパドリーユ」です。

gaimo

photo:via tigersbro-online.com/data/tigersbro/product/20140406_923af4.jpg

エスパドリーユは靴底がジュード麻と呼ばれる素材でできたサンダル。

通気性に優れ快適に履けるアイテムなのですが、冒頭で見たようなサンダルのラフでカジュアルなイメージはまったくありません。

素肌を覆い隠すデザインで、スリッポンやローファーのように大人っぽさをイメージさせるシルエット。

かといって革靴のような堅苦しさもなく、涼しげな素材感が適度な抜け感を演出してくれます。

c0246125_20370845

photo:via jimsstore.exblog.jp/24138638/

そしてエスパドリーユはあくまでサンダルなので、こんな感じでかかとをつぶして履けます。

かかと部分が痛んで破れてしまいますが、その使い古したような感じもまた格好良いです。

ここまで大人っぽくてスタイリッシュなサンダルはエスパドリーユ以外にないはず。

エスパドリーユが優秀な理由

サンダルほどカジュアルではないが、革靴ほどフォーマルなわけでもない。

このエスパドリーユの絶妙なバランスが夏のコーディネートで大活躍します。

436b53209c85b679419f4e85dc58c917

photo:via linxspiration.com

シャツにテーパードパンツといったキレイめなコーディネートに、エスパドリーユで抜け感を演出しても良いですし、

0c25ba3b8ea51e2eeed1f513d8c876e2

photo:via streetetiquette.com

Tシャツにショーツといったカジュアルなファッションに、足元をフォーマルにキメても格好良いです。

要するに、僕が言いたいことはエスパドリーユは万能なアイテムであるということ。

キレイめなファッションに合わせてもよし、カジュアルなファッションに合わせてもよし。

エスパドリーユは涼しくてオシャレな上に、着回しがきくアイテムなんです。

サンダルファッションはエスパドリーユから

サンダルの中では、エスパドリーユが一番手に取りやすいアイテムです。

スリッポンスニーカーを履く感覚で履けてしまうので、コーディネートに落とし込むハードルも低いはず。

さらに価格も¥7,000〜と比較的安価、安いものだと¥2,000〜ほどの価格で購入できてしまいます。

もし購入を検討されるのであればRivieras(リヴィエラ)gaimo(ガイモ)などのものがオススメです。

「サンダル履きたいけど、なんか子供っぽい。なんかたまにおじさんっぽいし…。」

そんな方はぜひエスパドリーユに挑戦してみてください。

sponsored