雨の日もオシャレしたい!レインシューズはDr.MartensのWELLINGTONで決まり。

large

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

5月も気づけば終盤、来月には梅雨入りです。

雨の日は出かけるのも憂鬱ですが、そんな時に持っておきたいのがレインシューズ

もしレインシューズの購入を検討している人がいれば、僕は迷わず“Dr.Martens”“WELLINGTON”をおすすめします。

sponsored

レインシューズをオシャレに履きこなすのは難しい

僕自身レインシューズはビジネス用でしか所持しておらず、雨の日の私服はスニーカーを履いて出かけていました。

というのも、レインシューズの長靴っぽさが僕はどうも苦手みたいで。

11729787_8_D_500

photo:via zozo.jp/shop/ciaopanic/goods/10729787/?did=25599567

そんな長靴を彷彿とさせる野暮ったさを削ぎ落としたものもありますが、どうもビジネスライクでカジュアルシーンでは使いづらそうだったり。

6282045_8_D_500

photo:via zozo.jp/shop/unitedarrows/nogoods/?did=16079863

上記のようなレインシューズを購入するのも良いのですが、オシャレに履きこなすのは難しかったりします。

長靴っぽさが強くなるとカジュアルすぎて野暮ったく見えてしまう。かといってフォーマルなデザインだとビジネスのイメージが強くて私服には合わせにくい。

このようにアイテムのテイストが偏れば偏るほど、コーディネートに落とし込む難易度はどんどん高くなってきます。

Dr.MartensのWELLINGTONがオシャレに履きこなしやすい

そんなわがままな悩みを解消してくれるレインシューズがDr.MartensWELLINGTON

A973_Z1

photo:via dr-martens.co.jp/209_973.html

3年ほど前にリリースされたモデルですが、このレインシューズが本当に万能。

僕もずっと目をつけているのですが、今年こそは購入しようと思っています。

先述した長靴のような野暮ったさはなく、かといってビジネスシューズのような堅苦しさもなし。

なによりもDr.Martensの定番8ホールブーツのシルエットそのままなので使いやすい。

ラバー素材が用いられていることもあって、価格も¥13,000程度(通常の8ホールブーツが¥30,000弱)とかなりお手頃。

ここまで完成されたレインシューズはDr.Martensにしかないと思っています。

カラーバリエーションは2色で、ブラウンカラーの展開もあり。

A974_Z1

photo:via dr-martens.co.jp/209_974.html

通常のDr.Martensブーツとソールも違うので本家と比較すると様々な面で劣ってしまいますが、踵部分のプルタブやソール部分のイエローステッチなどのディテールにこだわりも。

ここまで本家マーチンブーツの再現性が高いと、思わず晴れの日にも履きたくなってしまいます。

気になるコーディネート方法ですが、この8ホールブーツは細身のパンツとの相性がかなり良いです。

特に黒スキニーとの相性は抜群。

20151023215133125_500

photo:via wear.jp/men-brand/globalwork/

裾をブーツにインしても良いですが、ブーツとパンツの境目が強調されて短足に見えてしまうことがあるので注意。

個人的にはロールアップした裾をブーツに被せるような着こなしがおすすめ。

そうすることでショートブーツを主張しながらも、流れるような足下のシルエットを作れます。

もちろん裾を被せてブーツ部分を隠してしまう着こなしもありです。

雨の日こそレインシューズでオシャレに

dr

photo:via weheartit.com/entry/79962328

メンズはレディースと比べてレインシューズを展開しているブランドが少ないですが、各ブランドからオシャレなレインシューズがどんどんリリースされています。

僕は今回Dr.Martensのレインシューズをおすすめしましたが、みなさんもお気に入りの1足をぜひ見つけて下さい。

オシャレで格好良いレインシューズを1足持っていれば、雨の日も出かけたくなるはず…。

sponsored