回数は?幅は?ロールアップのやり方で変わるコーディネートの印象。

IMG_3963

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

前回の記事はご覧いただけましたでしょうか。
関連記事:意外と知らない?ロールアップをするとオシャレに見える理由

ロールアップにはコーディネートをカジュアルダウンさせる効果があるということを解説しました。

しかし、ロールアップをいざ取り入れようとした時にいくつか疑問が…。

sponsored

ロールアップ幅はどれくらいで取れば良いの?

まず一つ目の問題はロールアップの幅です。

街行く人のロールアップ幅を見ればだいたいの基準は分かると思いますが、だいたい指2本分くらいの幅でとる人が多いかと。

9c4fc6149cc7ecf4dcc7ee0d930d9013

photo:via otokomaeken.com/mensfashion/6837

こんな感じですね。

実際にファッションスナップなどを見てみても、おそらくほとんどの人がこれくらいの幅で折り返しているはずです。

しかし下記画像のように、太めの幅で折り返す人もいます。

IMG_3963

photo:via blog.schott-nyc.jp/?eid=202851

こうなると「どれくらいの幅で折り返したら良いのか分からない!」なんて発狂する人も出てきますよね。

それではなぜこのように細幅で折り返す人と、太幅で折り返す人がいるのでしょうか。

それはロールアップ幅の太さが違えば、コーディネートに与えるイメージも変わるからです。

一般的にロールアップの幅は細いほど大人っぽくキレイめなイメージになります。

kurumani.com

photo:via kurumani.com/?cat=168

そして太ければ、その逆でラフでカジュアルなイメージになります。

tumblr_nhtjybu1lP1szhg2eo1_500

photo:via street-fashion-snap.com/post/107455984267/

上記2枚の画像を見ていただければなんとなく分かるのではないでしょうか。

イメージが変わる理由は簡単で、ロールアップは足元を着崩すことでカジュアルダウンさせるもの。

カジュアルダウンさせる部分を細幅で控えめにするか、太幅で強調させるかの違いです。

どうやって細幅、太幅を使い分ければ良いのか分からないという方は、ボトムスの太さによって使い分ければ良いです。

ストレートデニム等の太めのボトムスを穿くのであれば、太めのロールアップ幅に、

スキニー等のボトムスを穿くのであれば、細めのロールアップ幅にという具合です。

要するに、自分の穿くボトムスのイメージに合わせてロールアップの幅を合わせるということですね。

ロールアップの折り返す回数は何回?

そして二つ目の問題は折り返す回数です。

折り返す回数に関しては自分の好みの丈の長さになるまで折り返せば良いのですが、あまり回数を重ねるのもおすすめできません。

主にスキニー等の細めのボトムスを履いている時に言えることなのですが、折り返す回数が増えれば足元に不自然なボリュームが出てしまいます。

スキニーの良いところは足元をキレイに見せるシルエット。

足元に不自然なボリュームが出るとバランスが崩れてしまい、せっかくのキレイなシルエットが台無しになってしまいます。

だいたい折り返す回数が3回目を超えてくると不自然なボリュームが出てきます。

そういった理由からロールアップの折る回数は2回までにした方が良いでしょう。

ロールアップは足元をオシャレに見せるテクニック

このようにロールアップのやり方一つでイメージも変わってくるものです。

ロールアップは足元をオシャレに見せるテクニックと言っても過言ではありません。

このテクニックは誰でも実践できるという優れものなので、どんどん取り入れていきましょう。

次の記事は「ロールアップとクッション」について

F4500240-9F1E-46BA-9BA7-6AE69399CC31

ロールアップは服装をオシャレに見せる上で有効なテクニックですが、あえて裾にクッションをたまらせてこなれ感を出すテクニックもあります。

コーディネートによっては「クッション」を取り入れた方が、オシャレに見える場合もあります。

興味のある方は下記の記事をご覧くださいませ。

▶︎ロールアップとクッション。パンツ丈の長さでコーディネートにこだわりを。

sponsored