【#ootd】晴れの日が似合うパンツ。KAIKOのベージュチノを主役にコーディネート。

DSC04928-20

GWはいかがお過ごしでしょうか。昨日から快晴で気分も上向き。

今日は最近買ったチノパンを履いて出かけているので、より気分も上がります。

下ろし立ての洋服を着るのってなぜこんなに気持ちが良いのでしょうか。

それでは、この気持ちの良いテンションのままコーディネートの紹介を。

sponsored

KAIKOのベージュチノを主役に

DSC04904-13
blouson…GANRYU
Tshirts…Champion
Pants…KAIKO
Shoes…Tomo&Co
watch…CASIO

晴れの日が似合うパンツ。

前回の記事で紹介したKAIKOのベージュチノを主役にコーディネート。

今まで履かなかったようなカラーのパンツですが、最近はもっぱらこの眩いカラーリングのチノパンを履いてます。

DSC04919-17

ボトムスの明るいカラーとは対照的に、アウターはブラックカラーのカーディガンをさっと羽織って。

こちらはGANRYUのカーディガンなのですが素材はジャージ。手触りもさらっとして着心地も良いので、今日みたいな気温の日はこれがハマる。

適度な大人っぽさがあるので、決めすぎず抜きすぎずのバランス感覚がお気に入りです。

DSC04917-16

チノパンのテイストに合わせてインナーはカジュアルにChampionのリバースウィーブTシャツを。

アウターが黒なので、白Tシャツでメリハリをつけました。白のラインが一本縦に入ることでスタイルアップ効果が生まれます。

DSC04928-20

アウターとインナーの着丈差もちらっと見えるぐらいに。

この白Tのはみ出る面積が大きすぎてもバランスが崩れてしまうので、僕はいつも程よくチラっと見えるぐらいのものを着用します。

DSC04931-22

ボトムスは最近購入したKAIKOのベージュのチノパンツ。

ドカッと太めなストレートシルエット。トップスはタイトに抑えているので、綺麗なAラインシルエットを作ってくれます。

Tシャツを着る機会が増える夏場はめちゃくちゃ活躍してくれそう。

DSC04930-21

上品なベージュカラー。太陽の光が当たると光沢が増して浮き出てくるような気がします。

DSC04937-25

シューズはTomo&Coのエアソールシューズを。

KAIKOのチノパンとの相性がばっちりで、もうこのシューズとパンツはいつもセットで着ています。

ロールアップしてCONVERSEのハイカットなんかと合わせても良さそうですが、今のところこれが僕の中でベストの組み合わせです。

DSC04925-19

左手にはカシオのデータバンクを。

この季節になると腕元のアクセサリーが良いアクセントとして働いてくれます。

晴れの日が似合うパンツ

DSC04933-23

洋服は実際に自分のライフスタイルに落とし込んでから初めて気づくことがあります。

このパンツは「晴れの日に着たくなるパンツ」。

晴れた日だからこそ、このカラーリングの良さが引き出される。勝手にそんなことを思っています。

sponsored