どこで買えば良いの?おすすめのワイドパンツはユニクロにあり。

07_146141

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

前回の記事はご覧いただけましたでしょうか?
関連記事:メンズもワイドパンツを履きたい!オシャレに着こなす3つのテクニック

ワイドパンツをオシャレに着こなすテクニックについてご紹介しましたが、まだまだワイドパンツを購入するに至らない方も多いのではないかと。

そもそも今回のワイドパンツのような流行り物にはお金をかけにくいところ。

「失敗したらどうしよう」

なんて不安もあるのではないでしょうか。

今日はそんな方にオススメのワイドパンツをご紹介していきたいと思います。

sponsored

セレクトショップでワイドパンツを購入する?

みなさんはこういった流行り物のアイテムはどこで買いますか?

お金をかけていきなりセレクトショップで購入するのも良いのですが、その分アイテム選びに失敗した時のリスクも背負います。

1654-main

photo:via otokomaeken.com/mensfashion/5678

「家に帰ってから着てみたけどなんか違う」みたいな状況になってしまった時の焦燥感は半端じゃないですよね。

こういった理由から、自信がない限り流行り物をいきなりセレクトショップで購入するのはオススメしません。

ファッション感度の高いショップへ行けば、ワイドパンツのようなアイテムはすぐに見つかるかもしれません。

しかし失敗した時のリスクを考えれば、真っ先にそういったショップへ足を運ぶのは避けるべきです。

というのも、工夫次第でワイドパンツを安価で手に入れることは充分に可能だからです。

まずファストファッションで試してみる

それではどこに買いに行けば良いのかと気になるところですよね。

結論から言ってしまうと、僕はファストファッションブランドで購入するべきだと考えています。

ファストファッションロゴ-300x145

photo:via curasutas.jp/blog/archives/616

ZARAやH&Mなど、トレンドを意識したショップでもまだメンズのワイドパンツの取り扱いはないかもしれません。

実際、少し前に上記ショップへ訪れた時はまだ展開されていませんでした。

しかし普通のパンツをサイズアップさせて、ワイドパンツ風に着こなしてしまえば良いんです。

レディースのワイドパンツをサイズアップして着用してみたり、メンズのアイテムでも普段のサイズより大きめのものを着用してみたりと、ワイドパンツに関してはいくらでも工夫することができます。

筆者オススメはユニクロの2アイテム

ちなみに僕はユニクロのヒートテックストレッチスリムフィットノータックパンツ」「ストレッチウールノータックパンツ」をサイズアップしてワイドパンツとして着用しています。

ユニクロの商品名ってなんでこんなに長いんだろう。

07_146141

photo:via uniqlo.com/jp/store/goods/146141

こちらのヒートテックストレッチスリムフィットノータックパンツは4サイズアップして着用。

09_146144_model

photo:via uniqlo.com/jp/store/goods/146144

こちらのストレッチウールノータックパンツは3サイズアップして着用しています。

もし気になる方は参考にして下さい。

もしかしたら好みによっては、もう1サイズほどアップさせた方が良いかもしれません。

なぜなら僕も失敗していまい「もう1サイズアップさせた方が良かったな…。」と後悔しているからです。

ここに関してはとにかく試着あるのみです。

ヒートテックストレッチスリムフィットノータックパンツの方が¥2,990と安いですが、若干テーパード(裾に向けて細くなること)しているので思ったほどワイドパンツらしさがでません。

ちなみにストレッチウールノータックパンツは¥5,990と少々高くなります。

あとはみなさんのお財布と相談してください。

ウエストがかなりゆるくなってしまうと思いますが、そこはベルトで締めてあげればなんとかなります。

サイズを上げすぎるとシワができてしまうので気になるかもしれませんが、パッと見ただけでは違和感も無いので気にする必要もありません。

ファストファッションでトレンドを追いかける

このようにトレンドを追いかける時は、ファストファッションや古着屋などで工夫するのも可能です。

ある程度自分のコーディネートに定着してから、セレクトショップ等で良いものを購入すれば良いのかもしれませんね。

とにかく僕が言いたいことは「ファストファッションを上手く使ってオシャレを楽しみましょう!」ということです。

sponsored