首に巻かない?トレンドのスカーフをオシャレに取り入れるコツ。

tumblr_meuox7IhmI1rm7ijao1_500

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

最近気温も上がってきて、昼間なんかはTシャツ一枚でも過ごせるようになってきましたね。

Tシャツ1枚だとファッションが単調になりがちだということで、最近スカーフが注目を浴びているのはご存知でしょうか?

普段のコーディネートにちょっとしたアクセントを加えてくれるスカーフ。

しかしいざ取り入れようと思っても、具体的なスタイリングの方法が分かりませんよね。

適当に首に巻いてしまっても良いのですが、本日はそんなスカーフをオシャレに取り入れるコツをご紹介していきます。

sponsored

スカーフの種類・素材について

sk

photo:via ja.aliexpress.com/cheap/cheap-tie-square-silk-scarf.html

スカーフは防寒目的のストールやマフラーと違って、装飾品として使用されるもの。

そのサイズは様々ですが、主にスクエア(正方形)ロング(長方形)の2つのタイプに分かれます。

スカーフの代表的な形状はスクエアスカーフですが、ロングスカーフの方が普段から使い慣れているマフラーやストールと形状が類似しているのでおすすめです。

素材は多くの場合シルクが使用されていて、その光沢感や鮮やかな発色がコーディネートのアクセントになるわけです。

首に巻くスカーフはハードルが高いアイテム?

tumblr_meuox7IhmI1rm7ijao1_500

photo:via matome.naver.jp/odai/2135521952654179001

スカーフと言えば首に巻くものだというイメージをお持ちだと思いますが、首巻きのスカーフはどうも格好つけてる感が拭いきれません。

防寒目的のストールやマフラーとは違って、夏場にスカーフを首に巻くスタイリングはわざとらしく見えてしまいますよね。

スカーフなど日常生活において必要のない装飾品は、どうしても格好をつけている印象を与えてしまいます。

ちょっとしたアクセントに活躍するスカーフですが、上記理由からオシャレに取り入れるのも難しいアイテムなんです。

オシャレな人ほどさらっと身に付けてしまうのですが、誰しもがそうはいかないものです。

そこでスカーフを上手く取り入れるために、さりげなく取り入れることが重要になってきます。

手首の装飾品は取り入れやすい

DSC_0040

photo:via perfetto-net.com/ladies-blog/?p=6998

結論から言ってしまえば、さりげなく手首に巻くことがおすすめです。

首のような視線の集まる位置にアクセサリーを取り入れると、どうしても格好をつけてるようなイメージがついてしまいます。

しかし普段から腕時計などを身につけるような手首であれば、アクセサリーを取り入れることのハードルは低くなります。

de014bb13bcfc69a4e0a958291a15e0b

photo:via ur-blog.jp/doors/takamatsu/1-25/2-201510/

あまりボリュームを出してしまうとわざとらしく主張してしまうので、慣れないうちはコンパクトに巻くのが良いでしょう。

ボリュームの出にくいプチスカーフをチョイスすれば上手く巻けるはずです。

僕はプチスカーフの代わりにハンカチバンダナを巻いているのですが、安価で扱いやすいのでおすすめです。

それでは実際にスカーフを取り入れたコーディネートを見ていきましょう。

GoAc1urhCceomFuT

photo:via wear.jp/tetsutaku/4469082/

こちらは白Tにデニムといったプレーンなコーディネートにスカーフを取り入れたスタイル。

鮮やかな色使いのスカーフが良いアクセントになっています。

こういった感じで単調になりがちな夏の服装に、メリハリをプラスしてくれるのがスカーフの魅力です。

20150703214103284_500

photo:via wear.jp/tetsutaku/4469082/

こちらは手首ではなく腕に巻いたスタイリング。

インディゴブルーの中に差した赤が良いアクセントになっていますね。

mobile_watch-scarf-bracelet

photo:via momfilter.com/style/watches-for-women

このように腕時計と組み合わせて取り入れるのも良いですね。

Daniel Wellingtonなど、ベルトを交換できる腕時計をお持ちの方は挑戦してみてはいかがでしょうか。

まずはハンカチやバンダナから取り入れるのがおすすめ

スカーフの代表的な素材はシルクですが、デリケートで取り扱いに注意が必要な素材のひとつでもあります。

さらには価格もそこそこ。プチサイズのものでどれだけ安くても¥2,000ほどします。

HTOKYO

photo:via giraffe-tie.com/blog/detail/002074.html

そこでおすすめなのは先述したハンカチやバンダナから取り入れること。

シルクスカーフと違って光沢感や鮮やかな発色はありませんが、普段のコーディネートに充分なアクセントを与えてくれます。

一度ハンカチで試してみて気に入ってから、本格的なシルク素材のものを購入すれば良いでしょう。

肝心なデザインですが色も柄もちょっと派手なものを選ぶぐらいがちょうど良いかもしれません。

今年の夏は手首にスカーフを巻いてオシャレを演出してみてはいかがでしょうか。

sponsored