WEARのブランドコンテスト第2弾!入賞のコツを分析してみました。

draft3

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

今ファッションコーディネートアプリ“WEAR”で開催されているコンテスト、ブランドドラフトの第2弾が開催されているのはご存知ですか?

ブランドドラフトとはWEARアプリにて、人気ブランドとスポンサー契約するユーザーを選出するためのコーディネートコンテストです。

sponsored

ブランドのラインナップが一新

 

draft

photo:via wear.jp(スクリーンショット)

新たなブランドのラインナップは上記画像の16ブランド。

奇遇にも先月Right-onでChampionのコーチジャケットを購入したので、僕にもエントリー資格はあるみたいです。

後のブランドは参加が厳しそうなので、僕が今回エントリーするのならRight-on一択になりそうです。

そこで前回の当選者の方々を見ながら、入賞するためのコツを自分なりに分析してみました。

分析1:顔は出したほうが良い

これは当たり前のことかもしれないのですが、顔は極力出した方が良さそうです。

コーディネートの模範となるようなユーザー、いわばそのブランドの顔となる人を選出するわけなので、顔の見えるスナップを撮るのが好ましいでしょう。

こちらは前回4ブランド(BEAUTY&YOUTH UNITED ARROWS,JEANASIS,Ungrid,Levi’s)から指名され、ドラフト女王と呼ばれた“miki”さんのコーディネートスナップ。

20160304164832455_1000

photo:via wear.jp/sanki0102/6372899/

このmikiさん以外にも、前回当選したブランド公認ユーザーの全員が顔をはっきりと写していました。

ちなみに僕はシャイなので、思いっきり顔を隠して投稿しています。

分析2:コーディネート説明文も手を抜かない

コーディネートを投稿する際にスナップの説明を入力するスペースがあるのですが、この説明文の欄もしっかりと記入した方が良さそうです。

こちらはURBAN RESEARCH公認のユーザーMasaaki Ooueさん。

wear2

photo:via wear.jp(スクリーンショット)

僕もフォローさせて頂いているユーザーなのですが、投稿スナップの説明文を読むと毎回1000字〜2000字ほどの文章量。

ちなみに僕が書いているこの記事の文章量で約1700字です。

その他の当選されていたユーザーも、ブログのようにみっちりと文章を書いています。

それぞれコーディネートの解説からちょっとした日記のような文章など、ユーモア溢れる文章を毎回書かれていました。

そういった文章に表れる人間性なども、審査に影響するのでしょうか。

ちなみに僕はそのスペースに、いつも意味深な発言を一言添えています。

分析3:なんだかんだセンスが必要

これが一番大事なのは、みなさんもお分かりだと思います。

ブランドの顔となるわけですから、洋服を魅力的に見せられるセンスが問われます。

最近何がオシャレなのか分からなくなってきたので、ちょっと頭が痛くなりそうです。

そしてフォロワーも多ければ多いほど良いでしょう。

フォロワーの数が多い方がブランドの宣伝効果が高いので、公認ユーザーとして評価されるはずです。

ちなみに僕の現在のフォロワーの数は70人と少しです。

人気ブランドとスポンサー契約を

今回のブランドドラフトのエントリー期間は4/28〜5/9 12:00までと、既に募集を開始しています。

前回のドラフトと同様にブランド公認ユーザーに選出されれば、半年間毎月5万円分のポイントが付与されます。

オシャレに自信のある方、そのブランドの洋服が大好きな方、興味のある方は参加してみてはいかがでしょうか。

sponsored