脱・大学生ファッション!チノパンデニムシャツ男子をオシャレな印象に。

daigaku

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

新大学生の皆さん。入学おめでとうごさいます。

大学生になってから新たに出てくる悩み、私服。

今まで毎日制服を着ていた学生にとって、いきなり私服で登校するほど酷なことはないでしょう。

「どんな服を着れば良いのだろう」

なんて私服のチョイスに迷った挙句、無難な大学生ファッションに落ち着いた人はどれくらいいますか?

大学生なので大学生ファッションで別に間違いはありません。

しかし、

「周囲と私服センスの差をつけたい」

なんて思いを抱いている男子もいるのではないでしょうか。

本日はそんな大学生ファッションの中でも定番の「チノパンデニムシャツ男子」を例に挙げて、大学生ファッションをオシャレに格上げさせるコツについて紹介していきます。

sponsored

大学生定番ファッションのチノパンデニムシャツ

daigaku

photo:via daigaku-fashion.com/post-735/

大学生ファッションの代名詞とも言える、チノパンにデニムシャツといった組み合わせ。

毎日デニムを履いていた男子が、ちょっとオシャレに目覚めてチノパンに挑戦した格好です。

チノパンに何を合わせれば良いか考えた結果、今まで履いていた安定感のあるデニムをトップスに持ってきた形でしょうか。

このコーディネートを組む大学生の多さから、量産型ファッションなんてバカにしたようなイメージがついてしまいました。

そもそもチノパンやデニムシャツはワークウェアに分類され、その起源は作業着として着用されていたアイテムです。

そんなワークウェアをそのまま着てしまえば、土臭いイメージになってしまうのは当然のこと。

この土臭さがどうも野暮ったく見えてしまう原因なんです。

しかしこのチノパンとデニムシャツの組み合わせ、ちょっとしたことに気をつけるだけでオシャレに着こなすことができます。

カラーは大人っぽいダークトーンで

8761033B_236_D_5001

photo:via smartlog.jp/43689/2

まず気をつけていただきたいことは、デニムシャツのカラーはダークトーンに抑えること。

デニム特有の土臭いイメージを払拭するために、大人っぽいイメージの濃紺のデニムシャツをチョイスしましょう。

2330274_34_D_500

photo:via matome.naver.jp/odai/2139342100316263101/2140022765093458103

こういったアイスブルーのカラーは春などの季節感を演出できる反面、どうも作業着チックなイメージを拭いきれません。

着こなし次第で色落ちしたデニムシャツもオシャレに着こなすことは可能ですが、濃紺カラーの方が手っ取り早くオシャレなイメージを演出できます。

サイジングはIラインシルエットを意識する

nanouni

photo:via daigaku-fashion.com/post-764/

サイジングは上下ともに細身を意識して、Iラインシルエットを作ってください。

チノパンにデニムシャツがダサく見えてしまう理由は、そのワークウェア特有の土臭さにあります。

スリムなIラインシルエットの持つ大人っぽさや清潔感を加えることで、土臭い印象を緩和させていきましょう。
関連記事:一度は聞いたことがある?服装をオシャレに見せる「シルエット」の話

このサイジングを意識するだけで、チノパンデニムシャツの組み合わせが一気に都会的な印象になります。

ロールアップしてこなれた印象に

20140901203342083_500

photo:via wear.jp/journalstandard/1878509/

最後にロールアップをして、全体のバランスを整えましょう。

裾を折り返すだけで抜け感が出て、コーディネートにこなれた雰囲気を演出できます。
関連記事:意外と知らない?ロールアップをするとオシャレに見える理由

オシャレな人ほどこういった小技を加えて、服を普通に着ることはしません。

大学生ファッションを都会的な印象に

  • カラーはダークトーン
  • 細身のシルエット意識
  • ロールアップでこなれた印象に

これらのコツを意識すれば、定番のチノパンとデニムシャツでも周囲とどこか違った雰囲気を演出できるでしょう。

もう1つ加えるならば、足元にはフォーマルな革靴をチョイスすること。

daigaku

photo:via daigaku-fashion.com/post-735/

冒頭の画像の男子達がどうも垢抜けないのは、これらのコツを全て無視してしまっているからです。

色落ちしたデニムシャツにダボっとしたサイジングに、クッションのたまった足元。

そういった着こなしでは、土臭いイメージを加速させてしまいます。

そして今回紹介したコツは、なにも“チノパンとデニムシャツ”の組み合わせに限った話ではありません。

「なんか服装が垢抜けないな…。」

なんて感じた時はこの3つのコツを意識してみて下さい。

大人っぽさや清潔感を意識して、大学生ファッションを都会的な印象に変えていきましょう。

sponsored