梅雨に備えて。RAINSのレインウェアで雨の日もポジティブに。

titled

6月といえば梅雨。

雨が降ると外に出るのも億劫になりますよね。服装にも大きな制限をかけなくてはいけない。

水分に弱い革靴なんて履くことはできないし、できるだけ汚れても良いような洋服を着るように意識してしまいます。

雨を防ぐレインコートやレインブーツを着用すれば万事解決ですが、ファッション性を度外視したものが多い。

雨水は防げても、憂鬱な気分を変えることはできないんですよね。

ファッショナブルなレインウェアがあれば、ネガティブな気分を楽しく変えられるはず。

本日は、そんな雨の日を待ち遠しくさせてくれるようなブランドをご紹介したいと思います。

sponsored

デンマーク発祥のレインウェア/RAINS(レインズ)

rains_main

photo:via shop.delfonics.com/feature/rains/

RAINS(レインズ)はデンマーク・コペンハーゲンで生まれたブランド。

デンマークは1年間でも120日以上が雨で降水量の多い国。まさに本場で生まれれレインウェアのブランドです。

冒頭でも述べたようにレインウェアは機能性を重視するがあまり、ファッション性を犠牲にしている事が多い。

ただ、このRAINSはそんなレインウェアに北欧らしいファッション性をもたらしました。

50

photo:via mensdrip.com/fashion/mens-rain-fashion

アウトドア色の強いレインウェアですが、RAINSの場合はタウンユースでも活躍してくれそうなミニマルなルックが特徴的。

デザインに無駄がなく都会的に仕上げられた佇まいは、コーディネートに洗練された印象を与えてくれる。

ルックブックを見ていると、シルエットやカラーバリエーションも豊富。ゆったりとしたものからタイトなものまで、多色展開されています。

315049-10

photo:via zutto.co.jp/

そしてもちろんのこと機能性は抜群。

表面にはポリウレタン加工が施されており撥水性は十分。袖やフードなどの縫い合わせのパーツは超音波機械によって結合されている為、雨の侵入も許しません。

通気穴も搭載されているので蒸れてしまう心配もなく、ポリウレタンでコーティングされているので表面の手触りも滑らかに。着心地にも考慮がなされています。

315052-11

photo:via zutto.co.jp/

またこちらのレインウェアはコンパクトに折りたたむこともできるのも魅力。

カバンの中に潜めておいて、急に強い雨が降った時の為に備えることもできます。

rains_sub_03

photo:via shop.delfonics.com/feature/rains/

RAINSはレインウェアだけではなく、バッグやハットなどの小物も展開しています。

ウェアと同様にミニマルで無駄なデザインを削ぎ落としたルックに。形もボックス型でドレスライクな印象を持っています。

315069-11

photo:via zutto.co.jp/

PCもすっぽりと入る容量を備えているので、ビジネスバッグとしても十分に使えます。

シンプルなので様々なコーディネートとの相性も良さそう。

雨の日をポジティブに

rains_sub_01

photo:via shop.delfonics.com/feature/rains/

雨の日を楽しみにさせてくれるアイテム。

雨具であるレインコートですが、RAINSのレインウェアは晴れの日でも着たいと思わせてくれる。

カラーリング次第ではビジネスでもカジュアルでも使用できるのも魅力。梅雨時の憂鬱な毎日も吹き飛ばしてくれます。

梅雨のシーズンを楽しい毎日にしてくれるRAINS。数あるレインウェアの中でもおすすめのブランドです。

sponsored