【#ootd】Iroquoisのチェスターコートにマフラーを巻いて大人カジュアルなスタイルを

img_0758

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

先日、Iroquoisのチェスターコートを購入しました。
関連記事:細部にまでこだわられた1着。Iroquoisのチェスターコートに男の色気を感じた

dsc01706

今まで着用したことのないような大人の雰囲気を持ったコート。

ダークトーンのオリーブカラーは重厚感さえ感じさせてくれます。

チェスターコートはただでさえ堅い印象のあるアウターなので、重く地味になり過ぎないようにコーディネートしてみました。

sponsored

Iroquoisのコートにマフラーを巻いて

img_0743
Coat…Iroquois
Knit…Uniqlo U

Pants…UNIQLO
Shoes…CAMINANDO

Socks…BEAMS

Iroquoisのチェスターコートを取り入れたコーディネート。

チェスターコートに限らずロングコートは羽織るだけで大人っぽい雰囲気をアピールできるアイテム。

しかし、一方で堅い印象に見えてしまうこともあります。

特に今回着用のコートはどちらかと言うと地味な印象なので注意したいところ。

本日はカラーコーディネートでそういった堅いイメージを崩していきます。

img_0757

まずインナーには柔らかい印象の白ニットを差し込んで緩和。

しかし、これだけだとまだずしっと重たいイメージに見えがち。

img_0760

そこでソックスには季節色のボルドーカラーを取り入れて足元を彩ります。

悪目立ちしてしまいそうですが、革靴のブラウンと近いイメージのカラーなので上手く馴染んでくれます。

こういった明るい色や彩度の高い色を組み込むことで、カッチリとした印象を緩和させることができます。

img_0756

ロングコートを羽織ると上半身にボリュームが出るので、パンツは細身のものをチョイス。

img_07561

いわゆるYラインシルエットを意識することで、スタイルをよく見せていきます。
関連記事:一度は聞いたことがある?服装をオシャレに見せる「シルエット」の話

上半身にボリュームが出がちなこの季節。

Yラインシルエットを選択してしまえば、ある程度シルエットのバランスは整います。

img_0758

チェスターコートは首元が寂しくなりがちなのでマフラーを巻くことでボリュームをプラス。

パンツと同系色のグレーを選ぶことで統一感を出します。
関連記事:サンドイッチで統一感?同系色で挟むカラーコーディネートのテクニック

img_07581

またマフラーを巻いて前に垂らすことで縦のラインが強調されるので、スタイルアップにも繋がります。

僕は身長が低いので、マフラーを巻く時はよくこの巻き方をします。
関連記事…マフラーでスタイルを良く見せる!おすすめの巻き方をひとつ教えます。

dsc01723

チェスターコートの着こなしのコツはこういった感じに要所でカジュアルダウンさせること。

フォーマルな印象の強いアイテムなので、どこかで着崩してあげると上手く着こなせるでしょう。

sponsored