WEARNOTE

メンズファッションブログ

マフラーでスタイルを良く見せる!おすすめの巻き方をひとつ教えます。

   

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

冷え込みの厳しいこの季節に活躍するマフラー。

単なる防寒具ではなく、その巻き方一つで服装の印象も変わるアイテムです。

巻き方のバリエーションはたくさんありますが、皆さんはいつもどんな感じで巻いていますか?

img_0758

ちなみに僕はこんな感じで前に垂らすような巻き方をすることが多いです。

これはネクタイ巻き?って言うんですかね。

img_07581

過去の記事でも紹介していますが、こうやって巻くことで縦のラインが強調されるのでスタイルアップにも繋がります。

紳士的な印象もアピールできるのでキレイめなスタイルにおすすめの巻き方です。

ここからが本題なのですが、最近この巻き方を聞かれることが本当に多くて。

実は練習するほどでもなくめちゃくちゃ簡単なんです。

毎回教えるのも面倒になってきたし、「この巻き方記事にしてるから暇な時にでも見といて」なんて言えたらちょっと格好良いなとも思って。

この際、記事で書いて紹介してしまおうと思ったわけです。

 

ネクタイ巻きで首周りをドレスアップ

img_0948

まず横幅を折りたたんだ状態のマフラーを首にかけます。

img_0949

この時、左右の長さのバランスが1:2ぐらいになるように調整して下さい。

img_0950

次にこんな感じで長く取った方に結び目を作ります。

img_0951

コツはキツく結ぶというよりも、ゆるく輪っかをつくるイメージ。

手が入るぐらいのゆとりを作っておくと良いでしょう。

img_0952

近くで見るとこんな感じ。ふんわりと結び目を作っておきます。

img_09531

そして長さの短い方を先ほど作った輪っかの穴に通します。

img_0955

通すとこんな感じ。なんとなく完成形が見えてきましたね。

img_0956

あとは輪っかを作った方を上にスライドさせていって…、

img_0958

ネクタイのように首元までぎゅっと締めます。

img_0959

上まで締めたら、結び目部分の形をくしゃくしゃっと整えて、

img_0960

完成です。意外と簡単にできちゃうんです。

ここでこの巻き方を少し格上げするポイントをご紹介。

img_09611

まず、結び目部分を外側に折り返すのがポイント。

きっちりと結び目を作るよりも、このように無造作な感じで作ってあげた方がこなれた印象に見えます。

img_09612

そして初めの方は慣れないかもしれませんが、根元部分にくぼみを作ってあげるとさらにこなれ感が出ます。

別にここまでこだわる必要もないですが、ご参考程度に。

マフラーは秋冬ファッションの必需品

img_0743

マフラーは小顔効果やスタイルアップ効果の期待できるアイテム。

単なる防寒具としてではなく、コーディネートという点から見ても秋冬ファッションの必需品です。

今回おすすめの巻き方としてご紹介させて頂きましたが、マフラーの巻き方は他にもたくさんあります。

自分に合ったお気に入りの巻き方を見つけて、コーディネートにどんどん取り入れていきましょう。

 - オシャレのテクニック