コンバーストウキョウが1周年。スエードの上品なスニーカーが限定発売。

converse_sneaker_2

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

以前の記事で新鋭ブランド“CONVERSE TOKYO(コンバーストウキョウ)”についてご紹介しましたが、そんな勢いのあるブランドが9月に1周年を迎えます。

それを記念に限定発売されるスニーカーが個人的にツボだったので軽く紹介を。

sponsored

シックな雰囲気。スエード素材のオールスター

converse_sneaker1

photo:via fashion-press.net/news/gallery/25419/439329

今回限定で発売されるメモリアルなスニーカーはスエード オールスター RHI

コンバースの定番、オールスターハイカットをモデルにしたユニセックスのスニーカーです。

この淡いホワイトカラーの柔らかい印象がなんとも上品。

定番のキャンバス地ではなくスエード素材を使用することで、大人っぽくシックな雰囲気に仕上げられています。

そしてコンバースハイカットのアイコンと言えばアンクルパッチ。

アンクルパッチとはオールスターハイカットのくるぶし部分に施されたラベルのような物のこと。

converse_sneaker_2

photo:via fashion-press.net/news/gallery/25419/439330

こちらのモデルでは同素材であるスエードの型押しを採用することでよりシックなイメージに。

このラベルのデザインが違うだけで、スニーカーの雰囲気も変わってきます。

773222220589660_3

photo:via g-foot.jp/ec/ASBee/pro/disp/1/A-773222220589660

こちらが通常モデルのスエードオールスターなのですが、限定モデルのスニーカーの方が心なしか大人っぽく洗練された雰囲気を感じませんか?

細かいところなのかもしれませんが、こういったディテール部分の違いでアイテム全体の雰囲気が左右されることもあります。

高機能REACTソールを搭載

ソールにはコンバースオリジナルの高機能「REACT(リアクト)ソール」が装備されており、履き心地にも考慮がなされています。

コンバースオールスターの欠点と言えばそのソールの薄さ。

1日歩きっぱなしの日なんかは足が疲れてしまうこともあります。

react_cupinsole

photo:via converse.co.jp/popup/react/

そんなオールスターの欠点を補うのが、このREACTソール。

従来のソールからクッション性はもちろん、その他機能性において大幅にアップデートされているとのこと。

この多重構造に設計されたインソールが快適な履き心地をサポートしてくれます。

履いてみた率直な感想としては、同ブランドの“ジャックパーセル”の履き心地に近いイメージでした。

コンバーストウキョウ各店舗にて販売予定

こちらの限定スニーカーは2016年9月10日に販売開始。

低価格がウリのコンバーススニーカーですが、こちらは税抜き19,000円と少々お高い価格設定…。

しかし限定仕様のスニーカーと考えれば安いもの、…と思うしかありません。

ユニセックス仕様なので男女問わずにスタイリングも楽しめる一足。

シンプルなデザインに落ち着いたカラーリングなので、コーディネートを幅広くカバーしてくれるはずです。

sponsored