ベルギー発のオシャレな腕時計。KOMONOがプチプラファッションで活躍しそう。

w621_picture

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

皆さんは腕時計にこだわりはありますか?

時間を確認するツールであるとともにアクセントファッションとしても活躍する腕時計。

手首の露出が増える夏のファッションにおいては必要不可欠なアイテムです。

しかし腕時計となると価格もそこそこ。

チープカシオを代表とした低価格帯の腕時計を取り入れるのも良いのですが、もう少し背伸びしたものを身に付けたいと考える人もいるのでは。

先日とあるセレクトショップにて、そんなニーズを満たしてくれるブランドを見つけました。

sponsored

ベルギー発の腕時計 KOMONO(コモノ)

w621_picture

photo:via locari.jp/posts/2360

Anton Janssens(アントン・ジャンセンス)とRaf Maes(ラフ・マエス)の2名のデザイナーが2009年に設立したベルギーのブランド“KOMONO(コモノ)”

ブランド名は日本語の“小物”からインスパイアされたらしく、その名の通り時計やサングラスなどのアクセントファッションを展開しているブランドになります。

そんなKOMONOの腕時計が手に取りやすい価格帯で、なおかつデザインもすごくオシャレなんです。

プチプラでファッション性も備えた腕時計

様々なモデルの腕時計を展開しているKOMONOですが、どのモデルにも共通して言えることはシンプルなデザインであること。

10651692B_29_D_500

photo:via zozo.jp/shop/whoswhogallery/goods/9651692/?did=25521347

文字盤が限りなくシンプルに仕上げられた雰囲気はビジネス、カジュアルと装いを選ばずに着用できそうです。

どうせ腕時計を購入するのであればビジカジで使用できるものが良いですよね。

12295289B_35_D_500

photo:via zozo.jp/shop/whoswhogallery/goods/11295289/?did=26510440

そしてKOMONOはあくまでユニセックスブランドなので、こういったフェミニンなデザインの腕時計も展開しています。

カップルでお揃いで付けてみたり、プレゼントにも良い感じ。

13676339B_14_D_500

photo:via zozo.jp/shop/whoswhogallery/goods/12676339/?did=28594872

コルクをリストバンドに使用したユニークなデザインも。

こういった遊び心の効いたアイテムもあるので、コーディネートのちょっとしたアクセントにも活躍してくれます。

このようにKOMONOの腕時計は主張の強くないデザインが特徴ですが、地味になりすぎず大人の洗練された印象も感じさせてくれます。

また日本製クォーツ3気圧防水など、普段使いに十分な品質を誇っているのも特徴。

そして何よりも特筆すべき点は¥10,000〜13,000台で購入できるリーズナブルな価格帯。

冒頭で申し上げた通り

「時計にそこまでお金はかけられないけど、安すぎるものもちょっと…。」

なんて人には非常にオススメです。

価格帯で選ぶならKOMONOがおすすめ

komono_ss16_40

photo:via fashion-press.net/news/gallery/22689/397879

ファッション性も高くリーズナブルな腕時計と聞くと、どういったブランドを思い浮かべますか?

この前の記事で紹介させて頂いた“KLASSE14”や“Daniel Wellington”など、同じようなタイプの時計を見かけることが多くなったかと思います。

しかしそれらの中でもダントツでリーズナブルな価格帯を誇る“KOMONO”。

腕時計の購入を検討している方はぜひチェックしてみて下さい。

sponsored