街中を闊歩したくなる。「ASICS × Kiko Kostadinov」のスニーカー。

オフホワイト×NIKEのスニーカーやSupremeのコラボスニーカー。ここ最近、スニーカー市場は異常なほどに盛り上がっています。

発売数秒で完売。転売によってプレミアムな値段がつけられることも当たり前になってきました。

今までそういったオカルト的人気のあるスニーカーに特段興味は抱かなかったのですが、最近一足だけプレミアムなスニーカーを購入しました。

たかがスニーカー。興味のない人からすればそんなものですが、街中を闊歩したくなるような一足です。

sponsored

ASICS × Kiko Kostadinov/GEL-DELVA

Youtubeでも紹介したのですが、僕が購入したのは「ASICS × Kiko Kostadinov(アシックス×キココスタディノフ)」GEL-DELVAというモデルのスニーカー。

ASICS × Kiko Kostadinovのスニーカーはこれで2弾目。過去リリースされたモデルGEL-BURZはプレミアが付くほどの人気を博しました。同コラボのスニーカーは希少性の高いアイテムとして注目を浴びています。

もともとデザイン自体は格好良いなあと思っていたのですが、たまたまネットでマイサイズが余っていたのを見つけて購入。

国内でも取り扱いの少ない一足ですが、運良く人気のブラックを手に入れることができました。

ASICSはご存知の通り日本のシューズブランド。

Kiko Kostadinov(キココスタディノフ)についてはあまり耳にしたことがないという人も多いのではないでしょうか。

Kiko Kostadinovはブルガリア人デザイナーである、キココスタディノフによって立ち上げられたブランド。ステューシーやマッキントッシュのコレクションのデザイン手掛けたことで一躍有名になりました。

また、自らのブランドのコレクションにHOKAONEONEのスニーカーを採用し、HOKAONEONE人気に火をつけたと言われているくらい影響力のあるブランドです。

こちらのスニーカーはアシックスのDYNAFLYTEをベースに。

ストライプ状に配置されたモールの内側に、うっすらとアシックスのロゴが見えるようにデザインされています。

グレーと黒の配色と色量のバランスが絶妙で、ドレステックな雰囲気が本当に格好良いです。

ソールにはアシックス屈指のFlyteFoamを搭載しており、ふわふわとした歩き心地。

長距離ランニングでもクッション性が持続するよう、素材に繊維を添加する独自の技術が用いられた軽量性の高いソールユニット。クッション性と軽量性を見事に両立しています。

これだけ分厚いミッドソールなのに驚くほど軽いです。一度履くと他のスニーカーが重く感じてしまう。

かかとにはプルストラップがつけられており着脱のサポートをしてくれる。こういったディテールにもこだわりが垣間見えます。

ストリートシーンが似合う一足

実際に着用しましたが存在感は抜群。適度なボリュームとその前衛的なデザインからコーディネートの主役にも躍り出てくれます。

冬場は足元にボリュームが欲しくなるので、めちゃくちゃ履いています。ブラックがベースなのでコーディネートにも合わせやすい。

ストリートなシーンが似合う一足。今の僕の服装のテイストにドンズバでマッチしてくれる。

街中を闊歩したくなる

このスニーカーを履いてセレクトショップに入ると、店員さんが「良い靴履いてますね」と声をかけてくれます。

別に僕が褒められてるわけではないんですが、気分が上がって思わず街中を闊歩してしまう。

また、声をかけてくれた時はファッション談義が始まる。そんなコミュケーションを生んでくれるのもこのスニーカーの良いところだなあと。

もうほぼ完売してると思っていたのですが、都内のセレクトやネットでもちょこちょこ残っているみたいです。

また気になった方は動画で見るとスニーカーの良さがより伝わるかと思いますので、よかったら見てみてください。

sponsored