雪の日でもオシャレに。ゴアテックス素材の格好良いスニーカーをご紹介。

o0500044913135111

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

早いもので今年は11月に都内で雪が降りました。

僕は雪の日が本当に苦手で。靴は濡れるし滑るしオシャレはできないし…。

しかし、そんな時に活躍するのが“GORE-TEX(ゴアテックス)”素材を使ったスニーカー。

最近、そういった雪の日もガンガン履けるようなスニーカーがリリースされています。

sponsored

GORE-TEX(ゴアテックス)とは?

gore-tex-logo_edited-1

そもそも“GORE-TEX(ゴアテックス)”とは防水透湿素材の商標名。

厳しい品質基準で作られた防水、防風、透湿性を兼ね備えた素材生地のことを指します。

レインウェアやアウトドア用品に使われることが多く、汗などの水蒸気は通しながらも雨などの水分は通さないのが特徴。

どこかしらで目にしたことがあるはずです。シンプルに「雪や雨に強い素材」がゴアテックスです。

しかしゴアテックス仕様のスニーカーと聞くと、ゴツゴツして野暮ったいイメージがありませんか?

実際にゴアテックスのスニーカーは、山登りで使うトレッキングシューズのようなインパクトあるデザインが多かったりします。

本日はそんな野暮なイメージの「ゴアテックスのスニーカー」の中から、僕が個人的におしゃれで格好良いと思ったものをご紹介していきます。

adidas “Stan Smith”

20161108-r1

現代のスニーカーシーンを牽引する、“Stan Smith(スタンスミス)”からゴアテックス素材を使用したモデルが登場してるのはご存知でしょうか。

s80049-3

パッと見は通常のスタンスミスと何ら変わりませんが、ヒールパッチ(かかとのロゴ部分)は若干くすんだ印象に。

そして確かにゴアテックスのタグが付いています。

ワードローブの一角として活躍するスタンスミスに、高機能素材であるゴアテックスをプラス。

まさに「完全武装されたスタンスミス」という表現がぴったり。

 

adidas_s80048-1

日本では未発売なのですが、ブラックカラーのモデルもリリースされています。

くすんだ風合いのカラーリングは落ち着いた佇まい。

ゴアテックスとか関係なしにこのスミクロのスタンスミスはぜひとも手に入れたい。

ASICS “GEL-KAYANO”

mi150917-01-r1

こちらはアシックスタイガーから“GEL-KAYANO(ゲルカヤノ)”というモデルのスニーカー。

昆虫のクワガタをモチーフにしたと言われているデザインが特徴的です。

ネイビーのワントーンカラーにまとめられているので、街着としても問題なく使えると思います。

mi150917-01-r2

こちらもしっかりとゴアテックスのタグが付いています。

アシックスはゲルライトIIIなどのハイテクスニーカーが有名ですが、こちらのゲルカヤノも中々良い顔をしているのでおすすめ。

new balance “MRT580-XB”

jpg57fcc13da36e6_mrt580-xb260

スニーカーブームの火付け役、ニューバランスからも実はリリースされています。

こちらの“MRT-580”はブラック×ホワイトのモノトーンカラーというドレスライクな印象。

派手な切り返しもなくシンプルにまとめられたデザインは合わせる洋服も選びません。

jpg57fcc13da5d9a_mrt580-xb260

都会的な雰囲気を持ちながらも、アウトドアシーンにおいて活躍してくれる一足。

テクノロジーが備わったニューバランスはまさに万能の一足です。

雪の日が楽しみになるスニーカー

雪の日用とは言わず普段も履きたくなるようなスニーカー。

普段履きとしても全然問題ないので、一足持っているだけでも活躍してくれるはず。

こんなオシャレな高機能スニーカーがあるのなら、雪の日も楽しみになりそうです。

sponsored