ユニクロユー(Uniqlo U)全アイテム試着しました。おすすめのメンズアイテムは?

32-03

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

ユニクロで話題のコラボコレクション“Uniqlo U(ユニクロユー)”が本日ついに発売。

僕も朝から店頭へ足を運んで全アイテム試着してきました。

その中でも前評判の高かったアイテムや、僕が個人的におすすめしたいアイテムをピックアップして触れていきたいと思います。
※あくまで僕個人による偏りのある感想です。

 

注目のスウェットプルパーカ

今回新たに加わったアイテムでもある「スウェットプルパーカ」に注目していた人も多かったのではないでしょうか。

uniq_20176aw_mens_025photo by uniqlo.com/jp/store/goods/186047

こちらのマスタードカラーのパーカーに関しては、在庫の奥行きを持っていなかったこともあってかすぐに完売してました。

僕も店頭で手に取ることができたのですが、確かにユニクロ通常ラインのパーカーとはデザイン、カラー、シルエットと差別化はされていました。

186047_sub7_popupphoto by uniqlo.com/jp/store/goods/186047

ポケットがサイドパネルの部分に取り付けられていたり、新鮮なボルドーやマスタードカラーが採用されていたり。

生地も肉厚、裏起毛素材でしっかりとした風合いでフードの立ち上がりも良い。

ただしかし気になったのがシルエット。

比較的着丈が短めで腕周りはゆったり。古着屋で見かけるようなヴィンテージライクなシルエットを想像して頂ければ良いかもしれません。

デザインはミニマルでシンプルに仕上げられているのですが、シルエットは少し野暮ったいイメージ。

スウェットパーカー自体ラフなアイテムなので、シルエットはキレイめに整えておいて欲しかったなと思いました。

やはりシャツは“普通に良い”

毎回注目されているシャツは「エクストラファインコットンブロードシャツ」「オックスフォードシャツ」の2種類の展開。

今回個人的にマストバイアイテムとして推していきたいのがこちらのシャツです。

ちなみに僕はオックスフォードシャツを購入しました。
関連記事:【#ootd】 ユニクロユーのオックスフォードシャツでプチプラコーディネート

05_187593photo by uniqlo.com/jp/store/goods/187593

こちらのブロードシャツは、ビジネスシャツで用いられるようなツヤのある上品な素材感。シルエットは全体的に細身で、着丈は少し長め。

「普通に良いシャツ」といった印象でしょうか。

ただ少し気になったのがシワ感。

店頭で陳列されている状態を見るだけでは問題なさそうですが、おそらく短時間着用するだけでシワが目立ってくると思います。

あまりにもシワのつき方が顕著だと、せっかくの上品なツヤ感が台無しになってしまいます。大事をとって購入を見送りました。

00_187594photo by uniqlo.com/jp/store/goods/187594

それに対してオックスフォードシャツは元々シワ感のあるアイテム。

着丈はやや長めで、ブロードシャツとは違って腕周り部分に少しゆとりを持たせたシルエット。

この腕周りの絶妙なゆとりが、シャツに良い感じの抜け感を作ってくれます。

187594_sub5_popupphoto by uniqlo.com/jp/store/goods/187594

そして個人的に良いなと思ったのが、襟元の裏側に隠されたボタン。

「レギュラーカラーに見せかけて、実はボタンダウン」なんていうちょっとした遊び心。

ボタンを裏側に隠すことで、洗練された印象のオックスフォードシャツに仕上げています。

個人的にオックスフォードシャツが好きだということもあるのですが、これは買いだと思います。

ユニクロの得意分野、ニットもやはり良い

ニット類はさすがユニクロといった印象。

過去のユニクロルメールのコレクションでのニットアイテム同様に、ミニマルなデザインが特徴的。

シルエットに関しては全体的にタイトで着丈も短め、やはり試着はした方が良さそうです。

58_182381photo by uniqlo.com/jp/store/goods/182381

ただカシミヤがブレンドされている型番に関しては、通常のユニクロラインと同様のサイズ感で問題なさそうでした。

僕は去年のコレクションでユニクロルメールのニットは購入しているので、今回は購入していません。

ただ個人的には上記画像の「カシミヤブレンドクルーネックセーター」が一番良いかなと。

落ち感のある上品なストレートシルエットに細すぎず緩すぎずのサイズ感。

インナーとして着用しても、1枚で着用してもサマになるバランスのとれたアイテムです。

58_182247photo by uniqlo.com/jp/store/goods/182247

そしてこちらの「ミラノリブモックネックセーター」も中々良かったです。

リブなしのストンと落ちるシルエットに、ステッチの隠されたデザインは洗練された印象。タートルネックほど主張しない襟元のさりげないアクセント。

サイズ感は若干タイトめだったので、インナーとして使うのに向いています。

他にもニット類の展開はあるものの、11月展開予定とリリースされるのはまだ先のよう。

また販売される時期になったら試着してみたいと思います。

アウターにもおすすめアイテムあり

17_186149photo by uniqlo.com/jp/store/goods/186149

発売前から注目されていた「MA-1ブルゾン」も試着しました。

トレンドで注目を浴びたアウターですが、今風のキレイめなシルエットにデザインされているからこそ着こなしやすいアイテムです。

しかしこちらに関してはMA-1特有のシルエットそのままに、着丈が短く全体的にブカッと膨れたシルエット。

ちょっと着こなしが難しいかなという印象を受けました。

69_189123photo by uniqlo.com/jp/store/goods/189123

そしてアウター類の中でも無難に使えそうだったのが「ダブルフェイスウールブレンドジャケット」「ウールブレンドジャケット」、そして「ウールブレンドチェスターコート」

それぞれ若干ゆとりを持たせながらもキレイめに仕上げられたシルエット。

uniq_20176aw_mens_007photo by uniqlo.com/jp/store/goods/173003?rrec=true

アウターの割には若干生地が薄かったですが、それ故に生まれるドレープ感が良い感じでした。

この辺りはベーシックで万人受けのするアイテムなので、おそらく購入する方も多いのではないでしょうか。

69_186146photo by uniqlo.com/jp/store/goods/186146

またこちらの「ブロックテックコート」も中々良い感じ。

足元に向けて段々と広がっていくAラインのシルエットは、着用するだけでサマになります。

アウトドアで用いられるような「耐久撥水・防水・防風・通気性」を備えた素材を使用しているので機能性は抜群。

かといって上品かつ重厚感のあるダブルブレスト仕様なので、キレイめに着こなすこともできる1着です。

ただ生地感は若干薄かったので真冬に着用するのは厳しいかもしれません。

ボトムス類は…。

ボトムス類はこれといって特筆するようなアイテムはありませんでした。

あえて挙げるとすれば「ウールタックパンツ」でしょうか。

69_172748photo by uniqlo.com/jp/store/goods/172748

落ち感のあるテーパードシルエット、リラックスした印象のスラックス。

しかしこの手のパンツは価格帯を考えれば、過去に紹介した“イージースマートスタイルパンツ”でも良いのかなと…。

こちらのウールタックパンツの方がツヤもあって上品な印象なのですが、僕はそこまで購買意欲を掻き立てられませんでした。

ユニクロユーは“ベーシック”なコレクション

32-03photo by getnavi.jp/life/71369/

今回各アイテムを試着して感じたのは、やはり全体的にベーシックなアイテムが多かったなと。

僕はオックスフォードシャツしか購入していませんが、ユニクロの得意分野である“ニット”を手に取る人が多かったように感じました。

そしてアウターもそこそこ良いものがあったのですが、ユニクロのアイテム1着に10,000円以上出すのは少し尻込みしてしまいます。

有名デザイナーが絡んでいるコレクションとはいえ、やはりファストファッションというイメージは拭いきれませんでした。

アウターを購入するかどうかは、また時間を置いてから考えたいと思います。

また今後購入を検討している方はこちらの記事を少しでも参考にして頂けたらと思います。