ファッションで足を長く見せる3つの方法。

DSC03800

ファッションで足を長く見せる。

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

女性が男性に求める一番の条件ってなんだと思いますか?

とある結婚相談所の方に聞いたことがあるのですが、年収や学歴、容姿でもなく「身長」なんだそうです。

意外だなあと思いつつ、低身長の僕はどんな顔をすれば良いのか分からなかったことを今でも覚えています。

ことファッションにおいても、スタイルのよさはおしゃれな雰囲気に関わるもの。

僕も細身ではありますが体型に恵まれているわけではなく、要所でスタイルを良く見せる工夫をしています。

本日は、そんなスタイルを良く見せる方法をいくつかご紹介させて頂きたいと思います。

パンツとシューズを同系色に

DSC03800

足を長く見せるテクニックとしてよく挙げられるのが、「パンツとシューズを同系色にする」方法。

パンツと靴を同色にすることで足首部分の境界線がぼけるので、視覚効果で足が腰からつま先部分まで続いてるように長く見えます。

同色系にまとめるのがポイントですが、カラーは黒がおすすめ

黒は収縮色で体を細く見せる特性があるので、より脚長に見せてくれます。

DSC037953

またパンツを細身のものにすると、さらに脚長効果を得ることができます。

太いパンツを履くよりも、細いパンツの方が縦のラインが強調されるのでより脚長に。

足が太くて細身のパンツが履けないという方はテーパードパンツを履くと良いでしょう。
※テーパードパンツ…シルエットが段々と細くなるパンツ

IMG_3956

テーパードパンツであれば、太もも部分にゆとりがあるので足が太い方でも履くことができます。

足首に近づくにつれシルエットがキュッとしまるので、細身のパンツを履いた時との印象はさほど変わりません。

トップスとパンツを同系色に

IMG_3261

トップスとパンツを同系色にすることでも、同様の効果が得られます。

こちらは腰部分の境界線がぼけることで、どこから足が始まっているかが誤魔化されて脚長効果が生まれます。

IMG_3256

こんな感じでシューズの色がパンツと違っていても、すらっと脚長に。

こちらもネイビーやブラックカラーで揃えてあげると、収縮色の原理でよりスタイルが良く見えます。

トップスとボトムスを同色系にまとめる場合、コーディネートに占める同カラーの面積が多くなります。

原色系など派手めなカラーでまとめるよりも、ダークトーンカラーで落ち着いた印象に整えるのが良いでしょう。

靴底を盛る

EDEE295E-CD74-4526-A375-29161F1D0725

急にアナログな方法になってしまいますが、靴底を盛ることが一番即効性があって効果的です。笑

説明は不要だと思うのですが、ソールが厚めのハイテクスニーカーや革靴を履くのがおすすめ。

露骨に靴底が厚すぎると不自然にみえて逆効果なので、程よくソールが厚いものを選びます。

37B7B298-EF2B-4C66-AC50-88A00319A12B

シューズのアッパーとソールの色が違うと不自然さが強調されてしまうので、できるだけ同色系で構成されているものを選ぶと良いでしょう。

コンバースなどのローテクシューズはソールが薄いものが多いので、スニーカーならハイテクシューズがおすすめ。

ソールが厚いとゴツゴツとした野暮な印象に見えてしまう可能性もありますが、足を長く見せる方法としては一番効果的です。

体型のコンプレックスはファッションで緩和できる

スタイルを良く見せるためのファッションというわけではありませんが、体型のコンプレックスもファッションで緩和させることができます。

コンプレックス云々ではなく、スタイルアップさせることでこなれた印象も身にまとうことができます。

少し前、黒スキニー×ドクターマーチンの組み合わせが流行ったのも、スタイルが良く見えることが大きく関係しています。

簡単に真似できるものなので、試しにコーディネートに取り入れてみてください。