ドレープ感が美しい。秋服一着目は「UNITED TOKYO」のチェックシャツで

IMG_3501

秋服一着目。

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

今年の8月は雨が降ったり、止んだりと寒暖差の激しい日が続きました。

今夏はあまり洋服を買えなかったので、秋は思う存分楽しんでやろうと思っています。

まだまだ残暑を感じますが、今から秋の服装を考えるのが楽しい。

そんな気分が上がっているところで、早速購入したアイテムがあるのでご紹介致します。

UNITED TOKYOのチェックシャツ

IMG_3502

僕が購入したのはUNITED TOKYOの「チェックリラックスレギュラーシャツ」。

UNITED TOKYOについては、過去の記事でも紹介していますので、よろしければご覧ください。
関連記事…UNITED TOKYOを知っているか?コストパフォーマンス抜群の国産ブランドはここにあり。

こちらは実店舗で購入したのですが、見かけた時には「あ、これ買おう」と思っていました。

それぐらいに、僕の中で探し求めていたイメージと合致していたアイテム。

IMG_3501

特に僕が気に入ったのが、この大胆なチェック柄とカラーの組み合わせ。

チェックシャツって多色使いで、子供っぽいイメージが先行してしまうものが多い…、しかしこちらは落ち着いたブルーに清潔感のあるオフホワイトの組み合わせ。

シンプルになりすぎず、大判のチェックでパッと目を引くデザインなので存在感も抜群。

実際、店内に並んでいる洋服の中でも、こいつが一番に目に飛び込んできました。

IMG_3498

襟の形状はピンとはったオープンカラーで凛々しい印象に。

たかが襟元ですが、顔周りのパーツ部分は全体の印象を左右します。

IMG_3500

裾の部分は丸くカットされた「ラウンドカット」仕様に。

さらっとした生地の質感が、心地良いドレープ感を生み出してくれています。

この生地のたるみのことを「ドレープ」と呼び、このドレープ感がシルエットに上品な雰囲気をプラスしてくれます。

IMG_3499

ちなみに、商品タグには福島県産であることをアピールするプリントが。

上記のように、UNITED TOKYOのアイテムは産地が分かるように商品タグに県名が記されています。

これが自分の出身地だったりするとテンション上がりそうです。

オーバーサイズで抜け感のある雰囲気

IMG_3493

実際に着用してみると、オーバーサイズでかなりゆるい感じ。

IMG_3496

手首のボタンを外して、あえて袖を余らして着用するのも良いですね。

ちょっとだらしない感じもしますが、服装全体に抜けが出るのでそれっぽい雰囲気も出ます。

IMG_3495

丈感は後ろ側の方が若干長めに作られています。

おしりがすっぽりと隠れているので、脚長効果も抜群。

実際にスタイリングしてみました

20170910

実際にコーディネートしてみました。

チェックシャツにブルーが配色されているので、カラーを合わせてブルーデニムを着用しています。

カジュアルすぎる印象にならないように、レザーシューズを足元に。

トップスのサイズ感がダボっとしている時は、こんな感じで足元を締めるとうまくまとまります。

ちなみにこちらのスナップは、最近新しく購入したカメラで撮影しました。綺麗に撮れすぎでびっくりしています。

今回はシャツアウター感覚でコーディネートしましたが、こちらはインナー使いでも活躍しそうなアイテム。

しばらくお世話になりそうなので、これからたくさんのコーディネートして楽しんで行きたいと思います。

【UNITED TOKYO】チェックリラックスレギュラーシャツ