ボックスシルエットが美しい。WACKO MARIAのステンカラーコートに一目惚れ。

img_0780

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

この前“Iroquois”のチェスターコートを購入しましたが、実はもう一着アウターを買ってます。

あまりにも良い一着に巡り合ってしまった、その勢いで購入したわけで。

予想外の出費でしたがこれで今年の冬は困ることがなさそうです。

本日はそんな一目惚れしたアイテムをサクッとご紹介していきたいと思います。

 

WACKO MARIAのステンカラーコート

img_0779

今回購入したのは“WACKO MARIA(ワコマリア)”のベージュカラーのステンカラーコート。

WACKO MARIAは2003年に誕生した日本のファッションブランド。

音楽・映画・アートをテーマに掲げたオリジナリティ溢れるアイテム、色気を感じさせるロックテイストなスタイルが特徴的。

「木村拓哉さんが愛用するブランド」といったイメージを持っている人も多いのではないでしょうか。

ベージュカラーのコートは、重いイメージになりがちなこの季節に適度な明るさをプラスしてくれる優れもの。

実は僕、定番とも言えるベージュのトレンチやステンカラーコートを一着も持っていませんでした。

coatphoto by lafabric.jp/customlife/mans-suits-coat/

というのもベージュのコート独特のビジネスライクな印象がどうも苦手みたいで。

そのイメージはそれで格好良いのかもしれませんが、私服っぽく着こなすのが中々難しいんです。

しかし、今回購入のワコマリアのコートを試着した時はそんなことも感じませんでした。

img_0780

こちらのコートは適度にゆったりしたシルエットなので、どことなくリラックスした雰囲気。

アルファベットのAのような形をしたストンと落ちるボックスシルエットがまた美しい。

カッチリとしたビジネスコートとはまた違ったイメージを持ってます。

img_0777

そして個人的に気に入ってるのが襟の絶妙な立ち具合。

襟がペタッと寝ているとなんとなく頼りない印象に見えてしまいます。

逆に立ち過ぎているとわざとらしくて威圧的な印象に。

img_0776

この若干浮くぐらいの襟の形状が顔周りを華やかに彩ってくれます。

細かいところですがこういったディテール部分が意外と重要なんです。

特に視線の集まる顔周りに位置する襟元は、全体の印象を大きく左右します。

img_0775

裏地にもこだわっているところは、さすがドメスティックブランドといった感じ。

表地のパリッとしたイメージとは裏腹に、チラッと見える温かみのあるチェック柄。

img_0778

ブランドの象徴でもあるネームタグもワンポイントに施されています。

dsc01594

早速着用してみましたが、ざっくりと羽織るようなリラックス感が良い感じ。
関連記事:【#ootd】 色物で季節感を。ボルドーカラーをアクセントに秋を感じさせるコーディネート

この余裕のあるシルエットがビジネスライクなイメージを取っ払って、軽快な印象に仕上げてくれるわけです。

img_0780

既にコートを一着購入していた僕ですが、購買意欲を再び掻き立てられてしまいました。

今まで抵抗のあったベージュカラーのコート。

そんな自分の苦手意識を覆したこのコートは、この先ずっと愛用していける一着になりそうです。