細部にまでこだわられた1着。Iroquoisのチェスターコートに男の色気を感じた。

dsc017061

当ブログ“WEARNOTE”をご覧いただきありがとうございます。

運営者のSORIN(@DECOjp0)です。

僕の服装はストリートでやんちゃっ気のある雰囲気になることが多いです。

でも、最近ゆるく落ち着いた感じの服装にも興味が出てきて。

今年の冬アウターは、今までの趣味とは少し違うチェスターコートを購入しました。

 

Iroquoisのチェスターコート

dsc01706

購入したのは“Iroquois(イロコイ)”のチェスターコート。

イロコイは「イレギュラーな男の色気」を提案する日本のメンズファッションブランド。

ジャガード織りで柄を表現したニットやデニムが人気で、ゆるい雰囲気やシルエットのアイテムが特徴的。

近年のファッション業界を牽引しているブランドの一つでもあります。

ちなみに僕がIroquoisのアイテムを購入するのは今回が初めて。

dsc017061

3つボタンのチェスターコートは堅苦しい印象に見えてしまいますが、程よく余裕のあるシルエットがその雰囲気を上手く緩和します。

極端にゆったりとしているわけではないので、着こなしに苦労することもなさそう。

dsc01739

生地にはメランジ糸を使っているので深みのカーキグリーンに。
※メランジ…2色以上を混合した糸のこと

柔らかいイメージのカラーは、さらに落ち着いた印象を演出してくれます。

dsc01723

僕は普段チェスターコートはボタンを開けて着ることが多いです。

でもこのIroquoisのチェスターはボタンを閉めた時の見え方が物凄く綺麗。

dsc01726

この立体感のある襟元がなんとも上品です。

いつもとは違うけれど、これはボタンを閉めて着てみようかな。

dsc01727

そして袖口は本切羽仕様に。
※本切羽…袖口のボタンが飾りではなく開け閉めできる物のこと

本切羽仕様になっていることで袖口を折り返して着用することが容易になります。

dsc01722

こんな感じでチラッと見える裏地が良いアクセントとして機能します。

細かい所かもしれませんが、こういったディテール部分が全体の印象を左右します。

dsc01736

チェスターコートのポケットって、上向きに付けられたデザインの物が多かったりします。

そうなると手を入れた時の格好がちょっと不恰好で。

これは個人的に一番ポイントが高いところで、こちらのコートはポケットが横から手を入れられるように付けられています。

冬場はポケットに手を入れることが多くなるので、横から自然に手を入れられるのは地味に嬉しい。

dsc01728

気になる裏地はステンドグラス模様のキルティング地に。

こういった見えないところにもこだわりがあるのは良いですよね。

オシャレなバーでコートをハンガーに掛ける時ぐらいしか見えないですけどね。

それも誰も見てないんですけどね。

dsc01711

後ろ身頃は真ん中に一本スリット(切れ目)の入った「センターベント」。

軽快な印象で動きやすさも考慮されています。

dsc01706

Iroquoisのブランドコンセプトでもある「イレギュラーな男の色気」を感じるチェスターコート。

今までゆるくてカジュアルな雰囲気のコートを持っていなかったので、どうやって着ようか考え中です。

革靴にゆるいパンツとか合わせると良いのかな。ちょっと得意な人教えてください。

ちなみにこちらのコートはSTUDIOUS別注でまだ在庫もあるみたいです。良かったらチェックしてみて下さい。